2009年10月2日金曜日

【民主党の看板に泥を塗る国会議員や秘書等の悪しきやからは断固として、追放すべきだ】

【民主党の看板に泥を塗る国会議員や秘書等の悪しきやからは断固として、追放すべきだ】


    http://www.asyura2.com/09/senkyo72/msg/493.html

    投稿者 matuoka yuuji

    日時 2009 年 10 月 02 日 19:29:54: noT716RWWrvIk


【民主党の看板に泥を塗る国会議員や秘書等の悪しきやからは断固として、追放すべきだ】

 新政権の中で、必死になって、真面目に国民の負託に答えるべく、睡眠時間を削りがんばっている議員達に対して、足を引っ張るうような、不祥事:国民に血税から支出される公金を使用して、キャバクラ遊び等の領収書を平然として、届けていた不埒な関係者は、主権者である国民の許すことではないのだ。

【出展引用リンク】

    :毎日新聞ニュース2009.9.30 :

    民主5議員団体:クラブ、キャバクラ…政治活動費で飲食

  http://mainichi.jp/select/seiji/news/20090930k0000m010160000c.html

【引用始め】以下の通り
=================
 政権交代を受け、毎日新聞が要職に就いた民主党議員の政治資金を調べたところ、江田五月参院議長(岡山選挙区)=会派離脱中=や川端達夫文部科学相(衆院滋賀1区)ら5議員の政治団体が、女性従業員らに接客される「キャバクラ」などへの支払いを「政治活動費」として計上していたことが分かった。支出は03~07年に計500万円超。支出した政治団体には党本部からの寄付を主な収入源とする団体もあり、原資には国庫から支出される政党交付金が含まれ、使途の妥当性を巡って議論を呼びそうだ。
 毎日新聞は民主党の閣僚や主要幹部について、昨年公開された07年分政治資金収支報告書からさかのぼり、過去5年分の報告書を調査。支出先の会社名などを基に調べたところ「クラブ」「キャバクラ」「ラウンジ」「ニューハーフショーパブ」など風営法2条2号で定められた店への支払いを、5議員の計7団体で確認した。
 江田氏の資金管理団体「全国江田五月会」は東京・西浅草のキャバクラなど計11店で27件、計237万円余を支払った。同会は07年、選挙対策費として党本部から2000万円の寄付を受け、これは同年の全収入の半分。川端氏が代表の「民主党滋賀県第1区総支部」と同氏の資金管理団体「川友政治研究会」、政治団体「達友会」は東京・赤坂のクラブや新宿のニューハーフショーパブなど6店で14件、計114万円余を支払った。

 ほかにクラブなどへの支出が確認されたのは、直嶋正行経済産業相(参院比例)の秘書が会計担当者を務める政治団体「直嶋正行後援会」で3店8件、計146万円余▽松野頼久官房副長官(衆院熊本1区)の資金管理団体「政治システム研究会」で2店3件、計51万円余▽松本剛明衆院議院運営委員長(同兵庫11区)の資金管理団体「松本たけあき後援会」で2店2件、計34万円余。
 民主党は03~07年に計約548億円の政党交付金を受け、これは党本部の全収入の約8割。同党が所属議員に配る「政党交付金ハンドブック」は、交付金から酒を伴う飲食費の支出を禁止している。【政治資金問題取材班】

 ▽江田事務所の話 議員は(接客飲食店での会合に)参加しておらず、会員や支持者、秘書らが参加した。(不適切との)指摘にかんがみ、支出のあり方を(五月会の)役員会で検討してみたい。

 ▽川端事務所の話 法に基づいて正確、適切に記載している。それ以上は答えられない。
 ▽直嶋事務所の話 収支報告書の記載通りで間違いない。それ以外は答えられない。

 ▽松野氏の代理人弁護士の話 いかがわしい風俗店とは違い、打ち合わせの場所として活用している。不適切とは思わない。
 ▽松本事務所の話 このような費用は個人負担せよとのご指摘はごもっとも。議員から相当額の寄付を(返還分として)受けることを検討したい。
 ◇ことば 風営法2条2号

 風営法2条2号は「客の接待をして遊興または飲食をさせる営業」を規定。女性従業員らが同じフロアで接客する「クラブ」「キャバクラ」などがこれに当たるとされる。主にカウンター越しで接客する「スナック」でもフロア接客する場合は同様。毎日新聞は、該当するとみられるケースを集計した。

=================

【引用終わり】以上の通り

=================

【追加参考リンク】: 毎日新聞ニュース http://mainichi.jp/  2009.9.30

    民主5議員団体:「行きたいという後援者がいて…」
http://mainichi.jp/select/seiji/news/20090930k0000m010161000c.html



==================

【私の見解】以下の通り


 新政権の中で、必死になって、真面目に国民の負託に答えるべく、睡眠時間を削りがんばっている議員達に対して、足を引っ張るような、不祥事:国民に血税から支出される公金を使用して、キャバクラ遊び等の領収書を平然として、届けていた不埒な関係者は、主権者である国民の許すことではないのだ。

 
 これらの遊行費は、国民の血税からの許されざる公金支出なのである。


 届出報告書の領収書が何よりの証拠である。


 これらの悪しき連中に我々は選挙で支援したわけではない。冗談ではないのだ。 
 怒り爆発。これでは、自民党・公明党政権時のかっての大蔵省の官僚のキャバクラ遊び以下である。


 この報道され、公表された民主党の関係者は、返金しても、道義上の責任は逃れることができないのだ。


 言い訳は、一切無用。


 直ちに、民主党の大事な信用・信頼を裏切った者達を直ちに追放処分すべきことである。


 特に、国会議長を務めた江田五月は、自ら辞表を提出すべきことだ。


 これほど、国民を馬鹿にして、なめたことをする関係者一同であるならば、断じて許されざることなり。

 民主党政権の出発において、現在、非常に大事なときにある。
十分これを認識し、この不祥事に対して、弁解の余地がないことを国民に、表明する必要がある。 


民主党サポーター : matuoka伊勢の神風より
               
              2009.10.2
======================

【参考リンク】: 天木直人ブログ :
  
【政治活動費でキャバクラ飲食をしていた民主党議員の政治団体】

http://www.google.co.jp/reader/view/?hl=ja&tab=wy#stream/feed%2Fhttp%3A%2F%2Fwww.amakiblog.com%2Findex.xml

================

植草一秀の『知られざる真実』:

    http://uekusak.cocolog-nifty.com/blog/

    http://blog.with2.net/link.php?629348

人気ブログランキングへ

============

植草氏並びに私のブログランキングのご支援を重ねて御願い申し上げ致します。
   
   http://blog.with2.net/site.php?id=847650

人気ブログランキングへ

0 件のコメント:

Follow by Email

ブログ アーカイブ