2010年6月28日月曜日

ダルカナル島戦・三連続奪回失敗・敵も己も知らず 1/6~6/6

ダルカナル島戦・三連続奪回失敗・敵も己も知らず1/6

http://www.youtube.com/watch?v=Odh1-vNzyBY




0resamada1 | 2009年03月11日 | 2:54
旧日本陸軍官僚達は、精神主義一辺倒で、明治から装備改良を怠っていた。白兵(銃剣)突撃が主な戦法だった(突撃中、発砲禁止)。ノモンハン事件で、関東軍は近代装備のソ連軍に大敗 。2万人の犠牲者を出したが、陸軍官僚首脳部は無反省、戦術無改良、無責任体質を維持した。そして、その旧来の手法のまま、米軍 と初めて戦かった島がガダルカナル島だった。現地司令官いかに現地の状況報 告をしても、軍官僚・辻政信参謀達の無謀な突撃指令一辺倒で大量に犠牲者を出し、三回連続して奪回に失敗し、天皇の命でしぶしぶ撤退を決断。大本営は、これを転進と偽って発表。結果、約3万人投入し、生還者は約1万人という惨憺たる大失態に終わった。犠牲者2万人中1万5千人は、不十分な戦況分析と不十分な補給計画で餓死した。この影に、東条英機の狂気の補給増強要求却下があった事を忘れてはならない。さらに、この無責任参謀達は、この作戦失敗を隠す為に、この後玉砕を続けた南方戦線に、この生き残りの兵士達を投入し、彼らの絶滅を図った事を忘れてはならない。このように大本営は誤り・偽り・無反省を続けて、アジア、太平洋全域で日本軍は大敗を重ねていった。フィリピンで約49万人、ニューギニアで約18万人もの将兵を餓死又は白兵突撃で無駄死にさせている。そして、日本は国家存亡の瀬戸際まで追い込まれた。しかし、この無能参謀(軍トップ官僚)達は、戦後直後、100万人以上も一般兵士を無駄死にさせたにもかかわらず、何も責任を取らなかっただけでなく、GHQの庇護の下、出世を果たしている。例えば、服部卓四郎は、GHQの委託を受けて、「公刊戦史」や「太平洋戦争全史を著作し、自分達のミスをほとんど紹介していない。服部大佐と共に戦闘計画を立案・遂行してきた辻政信は、戦後に著作した「潜行三千里」で、何も知らない国民から絶大な人気を得て、国会議員(自由党・自民党)になっている。さらに、元海軍将校源田実は、特攻作戦推進に関与 (第一回航空機特攻の戦果を伝える電報文を作戦前に作成していた・・つまり、特攻は志願制でなく、上層部からの命令だった) していたにも関わらず、戦後は、第3代航空自衛隊幕僚長・自民党参議院議員まで出世した。最後まで、特攻は志願制だったと嘘を突き通して、自己保身を貫いた。戦後の日本のモラル崩壊はここから起きたのである。

===================

ガダルカナル島戦・三連続奪回失敗・敵も己も知らず2/6




0resamada1 | 2009年03月11日 | 9:37
旧日本陸軍官僚達は、精神主義一辺倒で、明治から装備改良を怠っていた。白兵(銃剣)突撃が主な戦法だった(突撃中、発砲禁止)。ノモンハン事件で、関東軍は近代装備のソ連軍に大敗 。2万人の犠牲者を出したが、陸軍官僚首脳部は無反省、戦術無改良、無責任体質を維持した。そして、その旧来の手法のまま、米軍 と初めて戦かった島がガダルカナル島だった。現地司令官いかに現地の状況報 告をしても、軍官僚・辻政信参謀達の無謀な突撃指令一辺倒で大量に犠牲者を出し、三回連続して奪回に失敗し、天皇の命でしぶしぶ撤退を決断。大本営は、これを転進と偽って発表。結果、約3万人投入し、生還者は約1万人という惨憺たる大失態に終わった。犠牲者2万人中1万5千人は、不十分な戦況分析と不十分な補給計画で餓死した。この影に、東条英機の狂気の補給増強要求却下があった事を忘れてはならない。さらに、この無責任参謀達は、この作戦失敗を隠す為に、この後玉砕を続けた南方戦線に、この生き残りの兵士達を投入し、彼らの絶滅を図った事を忘れてはならない。
このように大本営は誤り・偽り・無反省を続けて、アジア、太平洋全域で日本軍は大敗を重ねていった。フィリピンで約49万人、ニューギニアで約18万人もの将兵を餓死又は白兵突撃で無駄死にさせている。そして、日本は国家存亡の瀬戸際まで追い込まれた。しかし、この無能参謀(軍トップ官僚)達は、戦後直後、100万人以上も一般兵士を無駄死にさせたにもかかわらず、何も責任を取らなかっただけでなく、GHQの庇護の下、出世を果たしている。例えば、服部卓四郎は、GHQの委託を受けて、「公刊戦史」や「太平洋戦争全史を著作し、自分達のミスをほとんど紹介していない。服部大佐と共に戦闘計画を立案・遂行してきた辻政信は、戦後に著作した「潜行三千里」で、何も知らない国民から絶大な人気を得て、国会議員(自由党・自民党)になっている。さらに、元海軍将校源田実は、特攻作戦推進に関与 (第一回航空機特攻の戦果を伝える電報文を作戦前に作成していた・・つまり、特攻は志願制でなく、上層部からの命令だった) していたにも関わらず、戦後は、第3代航空自衛隊幕僚長・自民党参議院議員まで出世した。最後まで、特攻は志願制だったと嘘を突き通して、自己保身を貫いた。戦後の日本のモラル崩壊はここから起きたのである。


===================

ガダルカナル島戦・三連続奪回失敗・敵も己も知らず3/6




0resamada1 | 2009年03月11日 | 9:48
旧日本陸軍官僚達は、精神主義一辺倒で、明治から装備改良を怠っていた。白兵(銃剣)突撃が主な戦法だった(突撃中、発砲禁止)。ノモンハン事件で、関東軍は近代装備のソ連軍に大敗 。2万人の犠牲者を出したが、陸軍官僚首脳部は無反省、戦術無改良、無責任体質を維持した。そして、その旧来の手法のまま、米軍 と初めて戦かった島がガダルカナル島だった。現地司令官いかに現地の状況報 告をしても、軍官僚・辻政信参謀達の無謀な突撃指令一辺倒で大量に犠牲者を出し、三回連続して奪回に失敗し、天皇の命でしぶしぶ撤退を決断。大本営は、これを転進と偽って発表。結果、約3万人投入し、生還者は約1万人という惨憺たる大失態に終わった。犠牲者2万人中1万5千人は、不十分な戦況分析と不十分な補給計画で餓死した。この影に、東条英機の狂気の補給増強要求却下があった事を忘れてはならない。さらに、この無責任参謀達は、この作戦失敗を隠す為に、この後玉砕を続けた南方戦線に、この生き残りの兵士達を投入し、彼らの絶滅を図った事を忘れてはならない。このように大本営は誤り・偽り・無反省を続けて、アジア、太平洋全域で日本軍は大敗を重ねていった。フィリピンで約49万人、ニューギニアで約18万人もの将兵を餓死又は白兵突撃で無駄死にさせている。そして、日本は国家存亡の瀬戸際まで追い込まれた。しかし、この無能参謀(軍トップ官僚)達は、戦後直後、100万人以上も一般兵士を無駄死にさせたにもかかわらず、何も責任を取らなかっただけでなく、GHQの庇護の下、出世を果たしている。例えば、服部卓四郎は、GHQの委託を受けて、「公刊戦史」や「太平洋戦争全史を著作し、自分達のミスをほとんど紹介していない。服部大佐と共に戦闘計画を立案・遂行してきた辻政信は、戦後に著作した「潜行三千里」で、何も知らない国民から絶大な人気を得て、国会議員(自由党・自民党)になっている。さらに、元海軍将校源田実は、特攻作戦推進に関与 (第一回航空機特攻の戦果を伝える電報文を作戦前に作成していた・・つまり、特攻は志願制でなく、上層部からの命令だった) していたにも関わらず、戦後は、第3代航空自衛隊幕僚長・自民党参議院議員まで出世した。最後まで、特攻は志願制だったと嘘を突き通して、自己保身を貫いた。戦後の日本のモラル崩壊はここから起きたのである。


===================

ガダルカナル島戦・三連続奪回失敗・敵も己も知らず4/6




0resamada1 | 2009年03月11日 | 9:41
旧日本陸軍官僚達は、精神主義一辺倒で、明治から装備改良を怠っていた。白兵(銃剣)突撃が主な戦法だった(突撃中、発砲禁止)。ノモンハン事件で、関東軍は近代装備のソ連軍に大敗 。2万人の犠牲者を出したが、陸軍官僚首脳部は無反省、戦術無改良、無責任体質を維持した。そして、その旧来の手法のまま、米軍 と初めて戦かった島がガダルカナル島だった。現地司令官いかに現地の状況報 告をしても、軍官僚・辻政信参謀達の無謀な突撃指令一辺倒で大量に犠牲者を出し、三回連続して奪回に失敗し、天皇の命でしぶしぶ撤退を決断。大本営は、これを転進と偽って発表。結果、約3万人投入し、生還者は約1万人という惨憺たる大失態に終わった。犠牲者2万人中1万5千人は、不十分な戦況分析と不十分な補給計画で餓死した。この影に、東条英機の狂気の補給増強要求却下があった事を忘れてはならない。さらに、この無責任参謀達は、この作戦失敗を隠す為に、この後玉砕を続けた南方戦線に、この生き残りの兵士達を投入し、彼らの絶滅を図った事を忘れてはならない。
このように大本営は誤り・偽り・無反省を続けて、アジア、太平洋全域で日本軍は大敗を重ねていった。フィリピンで約49万人、ニューギニアで約18万人もの将兵を餓死又は白兵突撃で無駄死にさせている。そして、日本は国家存亡の瀬戸際まで追い込まれた。しかし、この無能参謀(軍トップ官僚)達は、戦後直後、100万人以上も一般兵士を無駄死にさせたにもかかわらず、何も責任を取らなかっただけでなく、GHQの庇護の下、出世を果たしている。例えば、服部卓四郎は、GHQの委託を受けて、「公刊戦史」や「太平洋戦争全史を著作し、自分達のミスをほとんど紹介していない。服部大佐と共に戦闘計画を立案・遂行してきた辻政信は、戦後に著作した「潜行三千里」で、何も知らない国民から絶大な人気を得て、国会議員(自由党・自民党)になっている。さらに、元海軍将校源田実は、特攻作戦推進に関与 (第一回航空機特攻の戦果を伝える電報文を作戦前に作成していた・・つまり、特攻は志願制でなく、上層部からの命令だった) していたにも関わらず、戦後は、第3代航空自衛隊幕僚長・自民党参議院議員まで出世した。最後まで、特攻は志願制だったと嘘を突き通して、自己保身を貫いた。戦後の日本のモラル崩壊はここから起きたのである。


===================

ガダルカナル島戦・三連続奪回失敗・敵も己も知らず5/6




0resamada1 | 2009年03月11日 | 9:05
旧日本陸軍官僚達は、精神主義一辺倒で、明治から装備改良を怠っていた。白兵(銃剣)突撃が主な戦法だった(突撃中、発砲禁止)。ノモンハン事件で、関東軍は近代装備のソ連軍に大敗 。2万人の犠牲者を出したが、陸軍官僚首脳部は無反省、戦術無改良、無責任体質を維持した。そして、その旧来の手法のまま、米軍 と初めて戦かった島がガダルカナル島だった。現地司令官いかに現地の状況報 告をしても、軍官僚・辻政信参謀達の無謀な突撃指令一辺倒で大量に犠牲者を出し、三回連続して奪回に失敗し、天皇の命でしぶしぶ撤退を決断。大本営は、これを転進と偽って発表。結果、約3万人投入し、生還者は約1万人という惨憺たる大失態に終わった。犠牲者2万人中1万5千人は、不十分な戦況分析と不十分な補給計画で餓死した。この影に、東条英機の狂気の補給増強要求却下があった事を忘れてはならない。さらに、この無責任参謀達は、この作戦失敗を隠す為に、この後玉砕を続けた南方戦線に、この生き残りの兵士達を投入し、彼らの絶滅を図った事を忘れてはならない。
このように大本営は誤り・偽り・無反省を続けて、アジア、太平洋全域で日本軍は大敗を重ねていった。フィリピンで約49万人、ニューギニアで約18万人もの将兵を餓死又は白兵突撃で無駄死にさせている。そして、日本は国家存亡の瀬戸際まで追い込まれた。しかし、この無能参謀(軍トップ官僚)達は、戦後直後、100万人以上も一般兵士を無駄死にさせたにもかかわらず、何も責任を取らなかっただけでなく、GHQの庇護の下、出世を果たしている。例えば、服部卓四郎は、GHQの委託を受けて、「公刊戦史」や「太平洋戦争全史を著作し、自分達のミスをほとんど紹介していない。服部大佐と共に戦闘計画を立案・遂行してきた辻政信は、戦後に著作した「潜行三千里」で、何も知らない国民から絶大な人気を得て、国会議員(自由党・自民党)になっている。さらに、元海軍将校源田実は、特攻作戦推進に関与 (第一回航空機特攻の戦果を伝える電報文を作戦前に作成していた・・つまり、特攻は志願制でなく、上層部からの命令だった) していたにも関わらず、戦後は、第3代航空自衛隊幕僚長・自民党参議院議員まで出世した。最後まで、特攻は志願制だったと嘘を突き通して、自己保身を貫いた。戦後の日本のモラル崩壊はここから起きたのである。


===================

ガダルカナル島戦・三連続奪回失敗・敵も己も知らず6/6




0resamada1 | 2009年03月11日 | 2:54
旧日本陸軍官僚達は、精神主義一辺倒で、明治から装備改良を怠っていた。白兵(銃剣)突撃が主な戦法だった(突撃中、発砲禁止)。ノモンハン事件で、関東軍は近代装備のソ連軍に大敗 。2万人の犠牲者を出したが、陸軍官僚首脳部は無反省、戦術無改良、無責任体質を維持した。そして、その旧来の手法のまま、米軍 と初めて戦かった島がガダルカナル島だった。現地司令官いかに現地の状況報 告をしても、軍官僚・辻政信参謀達の無謀な突撃指令一辺倒で大量に犠牲者を出し、三回連続して奪回に失敗し、天皇の命でしぶしぶ撤退を決断。大本営は、これを転進と偽って発表。結果、約3万人投入し、生還者は約1万人という惨憺たる大失態に終わった。犠牲者2万人中1万5千人は、不十分な戦況分析と不十分な補給計画で餓死した。この影に、東条英機の狂気の補給増強要求却下があった事を忘れてはならない。さらに、この無責任参謀達は、この作戦失敗を隠す為に、この後玉砕を続けた南方戦線に、この生き残りの兵士達を投入し、彼らの絶滅を図った事を忘れてはならない。このように大本営は誤り・偽り・無反省を続けて、アジア、太平洋全域で日本軍は大敗を重ねていった。フィリピンで約49万人、ニューギニアで約18万人もの将兵を餓死又は白兵突撃で無駄死にさせている。そして、日本は国家存亡の瀬戸際まで追い込まれた。しかし、この無能参謀(軍トップ官僚)達は、戦後直後、100万人以上も一般兵士を無駄死にさせたにもかかわらず、何も責任を取らなかっただけでなく、GHQの庇護の下、出世を果たしている。例えば、服部卓四郎は、GHQの委託を受けて、「公刊戦史」や「太平洋戦争全史を著作し、自分達のミスをほとんど紹介していない。服部大佐と共に戦闘計画を立案・遂行してきた辻政信は、戦後に著作した「潜行三千里」で、何も知らない国民から絶大な人気を得て、国会議員(自由党・自民党)になっている。さらに、元海軍将校源田実は、特攻作戦推進に関与 (第一回航空機特攻の戦果を伝える電報文を作戦前に作成していた・・つまり、特攻は志願制でなく、上層部からの命令だった) していたにも関わらず、戦後は、第3代航空自衛隊幕僚長・自民党参議院議員まで出世した。最後まで、特攻は志願制だったと嘘を突き通して、自己保身を貫いた。戦後の日本のモラル崩壊はここから起きたのである。

===================

0 件のコメント:

Follow by Email

ブログ アーカイブ