2010年6月17日木曜日

鳩山氏「裸踊り」発言 その真相は動画にあった

【出展リンク】: http://www.j-cast.com/2010/06/16068947.html





鳩山氏「裸踊り」発言 その真相は動画にあった

2010/6/16 18:53



  鳩山由紀夫前首相が、辞任以来久しぶりにツイッターを更新した。そこでいきなり飛び出したフレーズが「私に『裸踊り』をさせて下さったみなさん、有り難うございました」というもので、その意味を巡って憶測も飛び交った。「裸踊り」とは、今ネットで話題の動画だったことが判明したものの、あまりにも唐突な表現に、ネット上には騒ぎが広がった。
   鳩山氏は内閣が総辞職した2010年6月4日以降、ツイッターの書き込みをやめていたが、6月15日18時46分、11日ぶりの書き込みを行った。

ネット上で「いたずら」?「なりすまし」?

鳩山氏の書き込みが様々な憶測を呼んだ
鳩山氏の書き込みが様々な憶測を呼んだ
   内容はこうだ。
「『新しい公共』が一人歩きを始めました。こんなに嬉しいことはありません。私に『裸踊り』をさせて下さったみなさん、有り難うございました。その私に続いて『裸踊り』をしようと立ち上がって下さったみなさん、有り難う。この伝播力が必ず社会を大きく動かすでしょう」
   「新しい公共」とは、鳩山氏が09年10月の所信表明演説や10年1月の施政方針演説で言及した考え方で、「官だけでなく、国民全体で公共を担う」ことを目指すもの。鳩山内閣が総辞職した6月4日には、閣議の直前の午前8時30分に「『新しい公共』円卓会議」の最後の会合が招集され「『新しい公共』宣言」をとりまとめるなど、鳩山前首相にとって思い入れの深いプロジェクトでもある。
   だが、「新しい公共」と「裸踊り」がどう関係あるのかは不明だと受け止められ、翌6月16日の朝刊には、
「ネット上で『いたずら?』『なりすましじゃないか』などと疑念の声が広がった」(産経新聞)
「ツイッター登録者らが『なりすましではないか』と疑問を寄せる騒ぎになった」(読売新聞)
「真意をめぐり憶測を呼んでいる」(毎日新聞)
といった記事が並んだ。
   だが、「新しい公共」と「裸踊り」とは、きちんとした関係があった。
   例えば、「円卓会議」に、作業チームの一員として参加していたNPO法人「フローレンス」の駒崎弘樹代表理事は、鳩山氏の書き込みの約40分後の19時31分に、
「【RT願】鳩山元総理の呟かれた『裸踊り』とは、今ネットで話題のこの感動的な動画のことです」
と、動画のURLを添えて書き込み、多くの利用者にリツイート(引用)された。
   動画は、2010年2月に「TED2010」と呼ばれる講演会イベントで、起業家のデレク・シヴァーズ氏「社会運動はどうやって起こすか」と題して行った講演で紹介したもの。屋外で、ひとりのリーダーが上半身裸で踊り出したのを他の人がまねて踊り、踊る人が次々に増えていく様子を表している。
(続く)

================================

【参考リンク】:【下記の投稿記事に対する私のコメント投稿】:

鳩山氏「裸踊り」発言 その真相は動画にあった(J-CASTニュース)
http://www.asyura2.com/10/senkyo88/msg/663.html
投稿者 そのまんま西 日時 2010 年 6 月 17 日 01:16:03: sypgvaaYz82Hc
鳩山氏「裸踊り」発言 その真相は動画にあった(J-CASTニュース)
2010/6/16 18:53

鳩山由紀夫前首相が、辞任以来久しぶりにツイッターを更新した。

そこでいきなり飛び出したフレーズが「私に『裸踊り』をさせて下さったみなさん、有り難うございました」というもので、その意味を巡って憶測も飛び交った。「裸踊り」とは、今ネットで話題の動画だったことが判明したものの、あまりにも唐突な表現に、ネット上には騒ぎが広がった。

鳩山氏は内閣が総辞職した2010年6月4日以降、ツイッターの書き込みをやめていたが、6月15日18時46分、11日ぶりの書き込みを行った。


ネット上で「いたずら」?「なりすまし」?

内容はこうだ。

「『新しい公共』が一人歩きを始めました。こんなに嬉しいことはありません。私に『裸踊り』をさせて下さったみなさん、有り難うございました。その私に続いて『裸踊り』をしようと立ち上がって下さったみなさん、有り難う。この伝播力が必ず社会を大きく動かすでしょう」

「新しい公共」とは、鳩山氏が09年10月の所信表明演説や10年1月の施政方針演説で言及した考え方で、「官だけでなく、国民全体で公共を担う」ことを目指すもの。

鳩山内閣が総辞職した6月4日には、閣議の直前の午前8時30分に「『新しい公共』円卓会議」の最後の会合が招集され「『新しい公共』宣言」をとりまとめるなど、鳩山前首相にとって思い入れの深いプロジェクトでもある。

だが、「新しい公共」と「裸踊り」がどう関係あるのかは不明だと受け止められ、翌6月16日の朝刊には、

「ネット上で『いたずら?』『なりすましじゃないか』などと疑念の声が広がった」(産経新聞)
「ツイッター登録者らが『なりすましではないか』と疑問を寄せる騒ぎになった」
(読売新聞)
「真意をめぐり憶測を呼んでいる」(毎日新聞)

といった記事が並んだ。

だが、「新しい公共」と「裸踊り」とは、きちんとした関係があった。

例えば、「円卓会議」に、作業チームの一員として参加していたNPO法人「フローレンス」の駒崎弘樹代表理事は、鳩山氏の書き込みの約40分後の19時31分に、

「【RT願】鳩山元総理の呟かれた『裸踊り』とは、今ネットで話題のこの感動的な動画のことです」

と、動画のURLを添えて書き込み、多くの利用者にリツイート(引用)された。

動画は、2010年2月に「TED2010」と呼ばれる講演会イベントで、起業家のデレク・シヴァーズ氏が「社会運動はどうやって起こすか」と題して行った講演で紹介したもの。屋外で、ひとりのリーダーが上半身裸で踊り出したのを他の人がまねて踊り、踊る人が次々に増えていく様子を表している。


「鳩山さんの無垢な呟き。やれやれ」

鳩山氏は、首相辞任後の6月13日に開かれた「あたらしい『新しい公共』円卓会議 設立準備ミーティング」で、この「裸踊り動画」を見ており、

「新しい公共、実は私が『裸で最初に踊った』と言われていますけれども、そういっていただければ大変嬉しい。だが、自分自身が踊ったというよりも、チームの中で松井君(松井孝治・前官房副長官)やスズカンさん(鈴木寛・文部科学副大臣)がその発想を蓄えていて、(その上で)踊らせてもらった。気持ちよく踊らせてもらいましたよ」
と、感慨深げだった。

だが、鳩山氏のツイッターの書き込みの内容だけでは、「裸踊り」の真意が伝わるはずもなかった。松井氏も、前出の駒崎氏の書き込みをリツイートしたひとりだが、6月16日1時6分には

「鳩山さんの無垢な呟き。やれやれと思う一方、こういうところ鳩山さんの魅力」
と、苦しげなフォローをしている。

なお、鳩山氏も、夜が明けた9時12分になって、新たな書き込みをしており、

「『裸踊り』 答えはこの動画にあります」

と、動画のURLを紹介。様々に飛び交った憶測に対する「答え合わせ」をしてみせた。その上で、

「官だけでなく国民全体が公共を担う『新しい公共』の理念。私はその理念と共に、動画の中の青年のように、踊り続けていきたいと思います」

と真意を綴った。

http://www.j-cast.com/2010/06/16068947.html  

拍手はせず、拍手一覧を見る
コメント

01. 2010年6月17日 03:00:28: MQi1bQTFas
http://twitter.com/hatoyamayukio/status/16265390887
「裸踊り」 答えはこの動画にあります。 http://bit.ly/aP3bhd 官だけでなく国民全体が公共を担う「新しい公共」の理念。私はその理念と共に、動画の中の青年のように、踊り続けていきたいと思います。
フォロワーになりたいと思います。

02. 2010年6月17日 06:27:50: BDDFeQHT6I
実現不可能と思っても裸で踊れば基地の海外移転の風が吹くと考えたということでしょうか。
確かに米軍基地がある現実を基地周辺の住民以外にも強く認識させたという功績はあったのでしょう。
ただ、自分だけ先に降りて沖縄を置き去りにした罪は残ることになります。
「駐留なき安保」→「日米同盟の見直し」へと今の細枝も動かせない風はやがて強風に変わって行くのでしょうが、それまで基地周辺の住民の苦しみは長く続くことになりました。

~~~~~~~~~~~~~~~~


上記投稿への私のコメント:以下の通り


03. matuoka yuuji 2010年6月17日 19:48:51: noT716RWWrvIk: NWlIlvLQCY http://asyura2.com/10/senkyo88/msg/696.html
【鳩山氏は現在去ったけれどこの闘争は今後において主権者である国民自身の国家・国民的な闘争として、継続していく必要がある】
http://www.asyura2.com/10/senkyo88/msg/696.html
投稿者 matuoka yuuji 日時 2010 年 6 月 17 日 17:06:19: noT716RWWrvIk
(回答先: 鳩山氏「裸踊り」発言 その真相は動画にあった(J-CASTニュース) 投稿者 そのまんま西 日時 2010 年 6 月 17 日 01:16:03)



主権者である国民から負託された困難で重い荷を背負いて必死になって全力を出し切って抵抗勢力に立ち向かったがそれを上回る敵陣の大なる欺瞞工作によって中途で倒された鳩山氏のこの思いは真に率直・誠実で人間味に満ちたものであると同時に主権者の国民の味方であることが理解できる。


鳩山氏は現在去ったけれどこの闘争は今後において主権者である国民自身によって国家的・国民総動員の闘争として、継続していく必要がある。


沖縄県民および主権者である日本国民は鳩山氏のこの無念さを思い忘れずに、重い荷を背負いて進まねばならない。


その鳩山氏の政治理念と姿勢を共有し、協力しなかったために敵陣の対米追従欺瞞的な工作に負けたのである。


普天間に基地移転やその他の政治運営の責任を鳩山氏や小沢氏に押し付けてはならない。


鳩山・小沢政権によって、すでのその抵抗勢力の真の正体と実体はつかめたのである。


この悪魔的な勢力の欺瞞・陽動的な作為に対して、我々主権者はこれを許してはならないのである。


自公による裏工作に沿った欺瞞的検察庁による与党揺さぶり陽動捜査やそれにぴたりと寄り添って欺瞞的中傷報道の論調を繰り返してきた読売新聞、産経新聞、朝日新聞、毎日新聞等の偽善的権威・権力主義者達を糾弾して追放していかなければならない。


国家の政治を国民のために進展させるためには、上記のような無責任な抵抗勢力達に影響されてはならない。


まずは主権者国民を無視して逆らう抵抗勢力の一翼を担う妄想的な自己保身にきゅうきゅうなる欺瞞的な者達に打撃を与える方策を生み出してできることから実行していこう。


1.欺瞞なる論調の論説委員に対して実名や会社名を挙げて、その欺瞞性を合理的な論理で打ち砕く必要がある。現在の新聞社による論説。論調は単なる私的な存在であることは明白である。公的な有益な存在ではなく、国家の正常な運営を妨害し、有毒である。


2.この目的をもって、インターネットを最大限に活用・利用する。


一つの提案として、公共機関の中で国民の貴い税金で賄っている公共機関での上記の新聞の購読を公務時間内に停止させ、購読を打ち切り、追放させるべく世論を形成し、社会的に合法的な市民運動にさせていこう。


打倒既得権益擁護なる欺瞞勢力。


主権者である国民に面前で、その抵抗を悔い改めさせるべき禊のため活動として、あくまでも国民に逆らう敵陣の抵抗勢力のもの達を丸裸にさせて、野に下していこう。

0 件のコメント:

Follow by Email

ブログ アーカイブ