2010年7月2日金曜日

浜矩子氏「ユーロの行く末」



【出展リンク】: http://www.youtube.com/watch?v=yQ2wtyddVUY

Monet57061162 | 2010年05月24日

(2010.05.25)
ギリシャ危機に端を発し、今やユーロ安を通じて世界経済を揺るがす欧州財政問題。EUやIMFが対策を次々に繰り出しては、市場があざ笑うかのようにユーロ売りを浴びせる構図が続く。欧州経済に詳しいエコノミスト、浜矩子氏は「各国の赤字体質を解消せず、資金繰りだけを支援しても、問題解決にはならずリスクを拡散させるだけ」と指摘。また欧州各国は歴史的な背景もあって民間融資を通じて複雑に絡み合っており、1つの国が危機に陥れば必ず欧州全体に波及すると語った。結局、経済格差が大きい中での通貨統合はそもそも矛盾があり、再設計が必要だとの認識を示した。

0 件のコメント:

Follow by Email

ブログ アーカイブ