2010年1月22日金曜日

日本の小惑星探査機『はやぶさ』、今年帰還へ

【出展引用リンク】: http://wiredvision.jp/news/201001/2010011323.html

【引用始め】:以下の通り

==============

日本の小惑星探査機『はやぶさ』、今年帰還へ

2010年1月13日

2012年に加速する引き寄せ - 
アメリカで一部の人だけが知っている 本当の秘密を期間限定で無料公開
www.commercejungle.com
Ads by Google
Lonnie Morgan

Hayabusa (image: nasa.gov public domain)
「ハヤブサ」と聞くとゲーム『Halo』を思い浮かべる人もいるかもしれないが[Haloのキャラに「ハヤブサアーマー」がいる]、ハヤブサとは2003年に打ち上げられた日本の探査機の名前でもある。
そのミッションは、小惑星イトカワ(小惑星25143)に到達して着陸し(厳密に言えば違うが)、小さな岩と塵のサンプルを収集して離陸し、地球に戻ってくることだ。
すべてがうまくいけば、この小型ロボットは今年の6月に地球に帰還し、小惑星に訪れてサンプルを持ち帰ることに成功した最初の地球船になる。
このミッションは、途中でいくつかの障害に直面したため、宇宙航空研究開発機構(JAXA)の科学者たちは、はやぶさがイトカワへの訪問中に多くのサンプルを収集できたかどうかわからないとしている。だが、はやぶさチームは、柔軟な発想と飛行技術のおかげで、来年の6月に向けてすべてが順調に進んでいると述べている
[はやぶさは当初、2007年夏に試料カプセルの大気圏再突入操作を行ってパラシュートで降下させる計画だったが、2005年12月のトラブルにより帰還は2010年に延期されていた]
はやぶさはオーストラリアの内陸部に墜落する予定だ。探査機の大部分は地球の大気圏を通過する時に燃え尽きるはずだが、貴重な小惑星の塵は、再突入耐性カプセルによって保護されるはずだ。
はやぶさのもう1つの科学技術上の偉大な業績は、イオンエンジンの使用だ。イオンエンジンは、1998年の米航空宇宙局(NASA)の宇宙探査機『ディープ・スペース1』でその性能が初めて試されたものだが、宇宙ミッションの主要な推力の手段として一般的になりつつある。
到着時期が重要な問題ではない長期に及ぶ飛行では、小さなイオンエンジンは非常に効率的だ。推力は小さいが、必要とされる推進剤の量に比べると効率的なのだ。


[JAXAは今年1月7日、はやぶさの後継機を2014年に打ち上げ、別タイプの小惑星『1999JU3』に衝突体をぶつけて試料を得る計画を明らかにした
なお、1999年に打ち上げられたNASAの『スターダスト』は、2004年にヴィルト第2彗星の尾の中に入り、資料を採取し写真を撮影(最接近距離240km)。約50億kmを旅して、2006年1月15日に地球へ試料を持ち帰った。試料を分析したところ、「生命の前駆物質」であるグリシンが確認された(日本語版記事)。以下の画像は、試料を持ち帰ったカプセル]
画像はWikipedia
[日本語版:ガリレオ-天野美保]

日本の小惑星探査機『はやぶさ』、今年帰還へ
2010年1月13日
サイエンス・テクノロジー コメント: (4)
トラックバック (0)
フィード
2012年に加速する引き寄せ - アメリカで一部の人だけが知っている 本当の秘密を期間限定で無料公開
www.commercejungle.com

Lonnie Morgan

Hayabusa (image: nasa.gov public domain)

「ハヤブサ」と聞くとゲーム『Halo』を思い浮かべる人もいるかもしれないが[Haloのキャラに「ハヤブサアーマー」がいる]、ハヤブサとは2003年に打ち上げられた日本の探査機の名前でもある。
そのミッションは、小惑星イトカワ(小惑星25143)に到達して着陸し(厳密に言えば違うが)、小さな岩と塵のサンプルを収集して離陸し、地球に戻ってくることだ。
すべてがうまくいけば、この小型ロボットは今年の6月に地球に帰還し、小惑星に訪れてサンプルを持ち帰ることに成功した最初の地球船になる。
このミッションは、途中でいくつかの障害に直面したため、宇宙航空研究開発機構(JAXA)の科学者たちは、はやぶさがイトカワへの訪問中に多くのサンプルを収集できたかどうかわからないとしている。だが、はやぶさチームは、柔軟な発想と飛行技術のおかげで、来年の6月に向けてすべてが順調に進んでいると述べている。
[はやぶさは当初、2007年夏に試料カプセルの大気圏再突入操作を行ってパラシュートで降下させる計画だったが、2005年12月のトラブルにより帰還は2010年に延期されていた]
はやぶさはオーストラリアの内陸部に墜落する予定だ。探査機の大部分は地球の大気圏を通過する時に燃え尽きるはずだが、貴重な小惑星の塵は、再突入耐性カプセルによって保護されるはずだ。
はやぶさのもう1つの科学技術上の偉大な業績は、イオンエンジンの使用だ。イオンエンジンは、1998年の米航空宇宙局(NASA)の宇宙探査機『ディープ・スペース1』でその性能が初めて試されたものだが、宇宙ミッションの主要な推力の手段として一般的になりつつある。
到着時期が重要な問題ではない長期に及ぶ飛行では、小さなイオンエンジンは非常に効率的だ。推力は小さいが、必要とされる推進剤の量に比べると効率的なのだ。

[JAXAは今年1月7日、はやぶさの後継機を2014年に打ち上げ、別タイプの小惑星『1999JU3』に衝突体をぶつけて試料を得る計画を明らかにした。
なお、1999年に打ち上げられたNASAの『スターダスト』は、2004年にヴィルト第2彗星の尾の中に入り、資料を採取し写真を撮影(最接近距離240km)。約50億kmを旅して、2006年1月15日に地球へ試料を持ち帰った。試料を分析したところ、「生命の前駆物質」であるグリシンが確認された(日本語版記事)。以下の画像は、試料を持ち帰ったカプセル]

画像はWikipedia

[日本語版:ガリレオ-天野美保]
WIRED NEWS 原文(English)

====================
====================

【私のコメント】:探査機の追跡の通信等のコントロールの技術がすばらしい。

====================

この私のブログで、ブログランキングに参加しています。
皆様がたの御支援・御協力によって、このブログのランキングアップが成されます。
御手数ですが、ご協力のほど、よろしくお願い申し上げ致します。
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

======================

======================

0 件のコメント:

Follow by Email

ブログ アーカイブ