2010年1月31日日曜日

【ハッチョウトンボ】 :世界最小

【出展引用リンク】: http://ja.wikipedia.org/wiki/ハッチョウトンボ

【引用始め】以下の通り
=================

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

ハッチョウトンボ
Hacchoutombo 20080811.jpg
ハッチョウトンボ(成熟したオス成虫)
分類
:動物界 Animalia
:節足動物門 Arthropoda
:昆虫綱 Insecta
:トンボ目 Odonata
亜目:トンボ亜目 Anisoptera
:トンボ科 Libellulidae
:ハッチョウトンボ属 Nannophya
:ハッチョウトンボ N. pygmaea
学名
Nannophya pygmaea Rambur, 1842

メス成虫

オス成虫(未成熟)
ハッチョウトンボ(八丁蜻蛉 Nannophya pygmaea )は、トンボ科に分類されるトンボ。日本一小さなトンボとして知られ、世界的にも最小の部類に属する。

目次

 [非表示]

特徴 [編集]

形態 [編集]

成虫の体長は雄で20mm、雌で18mmほどで極めて小さい。一円玉の直径が20mmなので、その中に頭から腹端までが納まることを考えれば、いかに小さいかがわかる。雄の体は羽化直後は橙褐色だが成熟すると体全体が赤みを帯び、羽化後20日ほどで鮮やかな赤色となる。 雌は茶褐色で、腹部に黄色や黒色の横縞がある。翅の大半は透明であるが、付け根付近は美しい橙黄色になる。幼虫(ヤゴ)も体長9mmと非常に小さく、緑色を帯びた褐色であるが、体表が泥で被われていることが多い。

生態 [編集]

主として平地から丘陵地・低産地にかけての水が滲出している湿地や湿原、休耕田などに生息しているが、時には尾瀬ヶ原のような高地の湿原でも見られることがある。いずれも日当たりがよく、ミズゴケ類モウセンゴケなどが生育し、極く浅い水域がひろがっているような環境を好む。成虫は5-9月に出現する。
日本では青森県から鹿児島県に至る本州四国九州に分布するが、離島には生息していない。尾瀬などで有名なので、何となく寒いところの種類に思われることもあるが、日本国外ではアジアの熱帯域に広く分布する種類である。日本国内での分布は局所的で、さらに近年の開発や環境汚染により著しくその数を減少させている。海外では中国マレーシアシンガポールボルネオニューギニアオーストラリア北部など、東南アジアの熱帯域を中心に生息する。

その他 [編集]

名前の由来は、尾張の本草学者・大河内存真(おおこうち ぞんしん:1796-1883)による『蟲類写集』にある、日本では「ヤダノテツポウバハツチウメ」(矢田鉄砲場八丁目)にのみ発見せられるために「ハツチウトンボ」の名を有する、との記載に因むとされる。この矢田鉄砲場八丁目の詳しい場所は現在不明とされるが、名古屋市内の矢田川付近と見られている。また一説には矢田河原八丁畷(現在の名古屋市千種区周辺)で発見されたことに由来するとの説もあるが、この説の根拠はよくわかっていない。
学名の pygmaea は「Pygmaei(伝説上の小人)の~」の意で、もちろん小さいことに由来する。

分類 [編集]

ハッチョウトンボ属に分類される種は現在まで下記の6種が知られるが、そのうち日本に分布するのはハッチョウトンボ1種のみである。
  • Nannophya australis Brauer, 1865:オーストラリア東部
  • Nannophya dalei (Tillyard, 1908):オーストラリア(南部、タスマニア)
  • Nannophya katrainensis Singh, 1955:インド
  • Nannophya occidentalis (Tillyard, 1908):西オーストラリア
  • Nannophya paulsoni Theischinger, 2003 オーストラリア北部
  • Nannophya pygmaea Rambur, 1842 ハッチョウトンボ:東アジア、東南アジア島嶼部など

参考文献 [編集]

  • 石田昇三他 『日本産トンボ幼虫・成虫検索図説』 東海大学出版会、1988、ISBN 4-486-01012-4
  • 日本環境動物昆虫学会編 『トンボの調べ方』 文教出版、2005年、ISBN 4-938489-11-2

外部リンク [編集]

  • 神戸のトンボ--ハッチョウトンボの写真と解説あり。
  • 熊本県のトンボ--熊本県に棲息するトンボ全種についての解説--ハッチョウトンボの写真と解説あり。

=======================


【出展引用リンク】:  http://j.people.com.cn/94474/6882716.html


人民網日本株式会社事業案内  更新時間:13:46 Jan 29 2010

中国は米国との広範な協力を希望

 外交部の馬朝旭報道官は28日の定例会見で、「中国は米側と幅広い分野で互恵協力を行うことを望んでいる。両国の良好な協力の維持は双方の根本的利益に合致する」と表明した。


 ----オバマ米大統領は本日の一般教書演説で、中国経済の急成長、特に交通運輸業とクリーンエネルギー産業に触れた。これについて論評は。中国経済の急成長が米国にって脅威になると思うか。


 オバマ大統領の一般教書演説は行われたばかりで、検討が必要であり、現時点で全面的な、系統立った論評は示せない。米国は世界に重要な影響力を持つ国だ。米国の内外政策が世界の平和・安定・発展の促進に寄与するものであることを希望する。中国は米側と幅広い分野で互恵協力を行うことを望んでいる。


 中国が米国にとって脅威になるかも知れないとの話だが、それは全くないと思う。世界に責任を負う国である中米両国が良好な協力を維持することは、両国の根本的利益に合致し、世界の平和・安定・繁栄にも寄与する。(編集NA)

       「人民網日本語版」2010年1月29日


====================

【私のコメント】:

伊賀の山里の中で、極わずかですが、生息している。 非常に貴重な生物種です。

以前は、たくさん生息していたと地元の古老がいっていました。

里地、川、湖沼、沢地が人為的に農薬等で、汚染されてしまっている。 以上に、残念であり、自然

環境の保護に危惧を抱いています。

====================

私のこのブログで、ブログランキングに参加しています。

皆様がたの御支援・御協力によって、このブログのランキングアップが成されます。

御手数ですが、皆様方の御協力のほど、よろしく御願い申し上げ致します。


人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ
=======================

0 件のコメント:

Follow by Email

ブログ アーカイブ